緑風吹きゆく瑞祥の家in 中津

20150821_緑風吹きゆく瑞祥の家

2015年8月。


遠くに見える山の稜線、風にさわさわと波打つ青々とした田んぼ。

そんな中津市の閑静な住宅街に、

もくせい工舎のお家ができました(・ω・)ノ



もくせいの家づくりはシンプル。

屋根の形も、家の形も複雑ではありません。

複雑になるほど手間も材料のロスも多い。

複雑になるほどコストがかかり、なおかつ不具合も起こりやすくなる。

シンプルで素朴な味わいだけれど、お隣の家とはちょっと違う。

たくさんのハウスメーカーで色々お家を見てきたはずのお客様が

何故かこのシンプルで素朴な味わいに心惹かれて

選んでくださいます(・ω・)・・・それは、なぜ?(。´・ω・)?



素材や建て方が変われば、家も変わる。



贅沢とは、派手さや豪華さのことだけではなく

素材の質、その空気感なのかも・・・(。´・ω・)?

そう思わせてくれる不思議なお家です( *´艸`)

ずっといいものを、ずっとそばに。

たくさんの工務店の中から

もくせい工舎の木のお家を気に入ってくださったんですもの。

ずっと、居心地の良い大好きなわが家であってほしい(*^_^*)



【瑞祥ずいしょう】とは縁起の良い兆しのこと。

昔から縁起の良い文様には

使う人が幸せであってほしいという願いがこめられたとか(・ω・)♪

お施主様にも、作り手のそんな願いが込められた

唯一無二の「無垢の木と漆喰」のお家。



心地よい風が吹く場所に、完成です。

ちょっとご紹介します(・ω・)ノ♪



...

201508_ki_外観・アプローチ
外壁は白すぎない柔らかな色味の日田土の漆喰。屋根瓦のクリーンが爽やかです。
よく見る新建材のゴムっぽいようなテカテカした質感と違い、漆喰は素朴で職人さんの鏝の跡が味わい深い雰囲気があります(・ω・)
日田の実意園さんが手掛けたアプローチには飛び石風のデザイン。
まだ小さな「竜の髭」がスクスク育てば、緑と飛び石のコントラストが楽しいアプローチになりますね(*^_^*)


201508_ki_玄関・シューズクローゼット
カラフルなガラスのペンダントライトが目を引く玄関。
三和土風の土間が、素朴で温かな印象。木と漆喰のお家に良く似合います。
シューズクロ―ゼットは、お施主様のご要望でお好きなように棚を大工さんが造りつけてくれます。


201508_ki_リビング
玄関を入ってすぐに、天井高が大きく取られたリビングへ。この勾配天井が実際より空間を大きく見せてくれるのです。
TRIANONの黒の北欧風ペンダントライトがなんともおしゃれ(≧▽≦)♪
よく「白を基調とした」と言いますが、クロス張りのあまりにも輝度が高いお部屋では落ち着きません。
漆喰と、自然の土の色、そして塗装もしない無垢の木。素材が「不自然」でなければ、体もより「自然体」でいられます。
空気感の良さと、「落ち着ける」雰囲気は素材が「本物の自然」だからこそ(・ω・)ノ♪
こちらのお家の壁は、漆喰の質感がわりと滑らかでフラット(・ω・)原田左研の親方に、そんな質感の面でも相談できます。


201508_ki_和室
畳は色あせしない和紙畳か薫り高いイ草か、お選びいただきます。
和室の壁が漆喰だと、凛とした雰囲気の中にも柔かさを感じます。
本物の漆喰と土と木。和紙とイ草。
本物の自然だからこそ、違和感なく、目にも穏やかな印象。
「素材」で家の空気感はこんなにも違うのか。見学会などでそれを実感して頂けたら幸いです(≧▽≦)♪


201508_ki_キッチン・ロフト
キッチンはWOODONE。機能的でありながら、無垢の木を使っているので、もくせい工舎のお家にもしっくり馴染みます(・ω・)ノ
キッチンの棚も、使う人のご要望に合わせて大工さんが造ってくれます。
秘密基地のようなロフトには、大きな本棚も♪リビングと一体でありながら「個」でもある不思議な空間です(*^_^*)


201508_ki_水回り
水回りはLIXIL。お家づくりが始まって、かなり早い時期にショールームでお選びいただきます。
たくさんの種類の中から、トイレ、バス、洗面台、玄関ドアにサッシ…ご検討中の方は、今からどんなものがあるかチェックしておくのも良いかもしれませんね(・ω・)ノ♪


201508_ki_お部屋
こんなふんだんに木が使われたお部屋で大きくなるお子様たち(・ω・)♪カビ臭い匂いや刺激臭とは無縁の清々しい、木のお部屋です。
豪華絢爛ではなくても、とても贅沢な心地よさ( ̄▽ ̄)♪
スクスク、笑顔で大きくなって。大好きな木の家で(・ω・)ノ♪


201508_ki_木の家で末永くお幸せに!

ページトップへ