家は暮らす場所。生きていく場所。

201513_h家は暮らす場所。生きていく場所。

これから家を建てるとしたら

家は、どんな場所であってほしいでしょうか?



家は、寝に帰る場所?

家は、ステータス?


「家なんか、何年か経って気に入らんかったら

リフォームでも建て替えでも、何度でもしたらいい(-。-)y-゜゜゜」

その余裕があるならともかく、

多くの人々にとって【家づくり】は

数十年の月日をかけて、命を担保に支払う

大きすぎる買い物・・・( ̄▽ ̄;)



なるべく、なるべく後悔しないよう建てたい(゜_゜)



だからこそ「家を建てる」、そう決めてからプランを練る間に

そのご家族なりの、色々な【大切にしたいこと】が

だんだん浮き彫りになってきます(・ω・)

家は見た目?家はコスパ?家は素材?

・・・そんな色々な大事なことに優先順位をつけて

【これだけは譲れない!( `ー´)ノ】一番大事なことがでてきます。

家は、暮らす場所。ご家族が生きていく場所。

家は、そこに住む人が一番何を大切に思うか?

その【生き方】が家づくりにも表れるようです(・ω・)



目の前に広がる田園。遠くに見える山の稜線。

ここは宇佐市。もくせい工舎の代表が生まれ育った場所。

ここに2棟目のもくせい工舎のお家ができました。

mokusei_jikka_issyo.jpg
一棟目のお家をちょこっと見てみる♪→こちら!

ご紹介しますね(・ω・)ノ♪


201505_外観・アプローチ
外壁は白すぎない爽やかな色味の日田土の漆喰。瓦はシックな銀富士です。
枕木とモルタルのアプローチ♪シルバープリペットの垣根には小さなカワイイ花が咲いて通り過ぎるとふんわりいい香り(*^_^*)♪ようこそ!木の家へ。


201505_玄関・シューズクローゼット
玄関ドアを開ければ、無垢の木の香り♪三和土風の土間が、なんとも温かな風合いの玄関ホールです。
ステンドグラスがポイントのレトロなガラスの扉(・ω・)ノ化学ボンドを使わず、塗装もしていないので触れる度、木の肌触りに心が和みます(*^_^*)
・・・この扉の向こうがどうなっているのか?気になるお家ですね( *´艸`)♪
漆喰壁に小さなニッチも。ここに小さな野の花でも飾って季節を楽しめます(*^_^*)ささやかで、優しく。そんな雰囲気で、来る人を迎え入れます(・ω・)♪


201505_リビング
個でも公でもない、あるだけで不思議な効果をもたらすロフト。ご家族の秘密基地です( *´艸`)
このロフトと勾配天井で、実際よりもずっと空間が広く感じます(・ω・)ノ
無垢の木と漆喰の家の最大の特徴は、その空気感の良さ♪ずっとここでのんびりしていたい・・・( ̄▽ ̄)
そう思っていただける雰囲気の温かさがあります(・ω・)ノ♪


201505_和室・キッチン
和室の漆喰の中に何やら入っています(・ω・)・・・藁です。
しかも、原田左研の親方の田んぼでとれたお米の!( ̄▽ ̄)この藁が、独特の風合いを醸し出します。
畳は香りの良いイ草畳か和紙畳をお選びいただけます。和紙は、イ草ほどの良い香りはしませんが毛羽も色あせも心配いらないのがメリットです(・ω・)
キッチンはWOODONE製。機能的でありながら、もくせい工舎の木の家にも良く似合います(・ω・)ノ♪
大工さんがご要望通りに使い勝手の良い丈夫な棚も造りつけてくれます(*^_^*)


201505_水回り
自然素材ばかりで建てる家も、使い勝手の点から水回りはLIXIL。お好みに合わせて選んでいただきます。
蛇口周りがビチョビチョにならない洗面台に、造りつけの棚。
ウォ―クインクローゼットの棚も、今お使いの家具に合わせてつくるので無駄になりません(・ω・)


201505_居室
壁紙をお部屋や気分に合わせて変えるのは楽しいものですが、もくせい工舎のお家では壁紙を使いません。
接着剤を使いたくない事と、木の呼吸の邪魔になるのが理由です(・ω・)ノ
木と漆喰のお部屋はシンプルですが、自分だけのお部屋がこんなにも清々しく居心地よいなんて!実は、すっごく贅沢なのかも(≧▽≦)♪
元気に、健やかに、笑顔で楽しい毎日を!ぜひ自然のチカラに生かされた【木の家】で (・ω・)ノ♪



201513_hu_web_obi_end.jpg

ページトップへ