2018年09月29日

レトロで新しい町(ニュータウン)に建つ よい塩梅に暮らす家

20180323_web_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市

今年の3月の下旬。さくらの便りの楽しみな頃、

豊後高田市にもくせい工舎のお家が完成しました。

昭和の街へと続く、にぎやかな通りから一歩入った場所。

その新しくできた住宅地には

ぞくぞくと新しいお家が建っています。

その中で、派手ではないものの、ちょっと「違う」雰囲気の家。

それは、外壁の素材の違い。「質感」が違うから。

塩ビの人形の中に、素焼きの人形が入ってるような印象の違いがあるからです。

無垢の木と漆喰という「質感」を感じるお家、

ご紹介します。

20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・外観
屋根は、栄四郎瓦(ProudUU40G)のライトレッド。赤煉瓦のような風合いの三州瓦です。
漆喰は、白すぎない、爽やかで穏やかな日田土の色。本当の漆喰なので、素朴だけれど上質な印象を与えます。
幾何学のグリーンのラインが、楽しいアプローチとなりました。


20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・玄関ホール・シューズクローゼット
玄関ドアを開けると、レースの編み物のような可愛い照明器具。
腰板の作りが丁寧で、上質な印象がします。
シューズクローゼットへの2つのアーチには、目隠し用の扉も。
三和土風の土間が、「土」を感じさせる風合いで、木の家にぴったりです。


20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・リビング
壁面の2つの窓から差し込む光が、無垢の木と漆喰を柔らかく照らすリビング。
鮮やかな青のカーテンもよく似合っています。後日、濃茶の棚板に、アイアンを組み合わせた素敵な飾り棚も付きました。
天井が高いので、広々。少し高い位置に取り付けられたニッチ。垂れ下がる感じのグリーンが良く似合いそうです。



20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・和室
キッチンはWOODONEからお選びいただいています。
無垢の木でできたシステムキッチンなので、機能的で、木のお家に良く似合います。
棚はご要望のサイズに大工さんがつくり付けてくれます。
和室は和紙畳なので、毛羽立ちも色あせも心配いりません。
木の良い香りのする押入れには、大久保建具さんのセンスも光ります。


20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・水回り
水回りは主にLIXILから。洗面台は蛇口周りがびしょびしょにならないデザインです。
トイレの手洗い鉢の飛びかんなの模様が、なんともおしゃれ。手洗い場もオリジナルです。


20180323_ysmt_r.jpg
木の香りにつつまれた、お部屋たち。
ウォーキングクローゼットの棚も、それぞれご要望に応じたオリジナルです。
目には見えないけれど、木の心地よさ、空気の清々しさは代えがたい宝物です。


完成2018年03月下旬。豊後高田市にて。


20180323_大分で建てる自然素材の家・豊後高田市・木の家でお幸せに

2018年09月11日

高原の別荘地さながら♪クヌギの丘に建つ家

20180220_web_大分で建てる自然素材の家「高原の別荘地さながら♪クヌギの丘に建つ家」

今年の2月の終わり。

そろそろ春の待ち遠しいそんな頃、

中津市内、クヌギ林を抜けた高台に

もくせい工舎のお家ができました。


20180220_myt_大分で建てる自然素材の家・外観
温かみのある甘木土の漆喰壁にグリーンの屋根瓦。アイアン格子がかわいいリーフグリーンの玄関ドア。
周りの別荘地のような景観と相まって、優しい「雰囲気のある」お家です。


20180220_myt_大分で建てる自然素材の家・玄関
玄関ドアを開けると、レ・クリントのデザインの北欧風の照明器具がお出迎え。
大久保建具さんのステンドグラスの引き戸が手仕事ならではの温かさを出しています。
三和土風の土間も、視覚的に柔らかな印象。木のお家に似合います。
ご要望に応じてお家ごとにシューズクローゼットをお作りしてます。


20180220_myt_大分で建てる自然素材の家・リビング
余裕のある天井高と梁の効果で、広々感じるリビング。
ラインがすっきりとした印象の建具は、障子紙ではないのでやぶれません。
漆喰壁の柔らかい陰影と、無垢の木の手触りが、上質で素朴な、心地よい空間をつくります。


20180220_myt_大分で建てる自然素材の家・キッチン
キッチンはWOODONE。無垢の木を使ったシステムキッチンなので、機能性も十分ながらもくせい工舎のお家にも違和感ありません。
手を伸ばせば、さっと届く距離感に作り付けの棚をご用意。家事もスムーズに。


大分で建てる自然素材の家・水回り
主にLIXILから水回り品をお選びいただいています。
トイレの手洗い鉢の色味がきれいです。のんびり寝ているネコさんに、心も和みます。
建具に使ったレトロなガラスが、味わいに余韻を持たせます。
漆喰には防臭効果もあるので、松葉引きという技法で塗られています。


大分で建てる自然素材の家・部屋
各部屋をつなぐ建具の美しさが光ります。
これだけふんだんに無垢の木を用いたお部屋には、フィトンチッドという森からの贈り物も受け取れます。
木の香りにつつまれて、どうか健やかにお過ごしください。



完成2018年02月下旬。中津市にて。

20180220_web_大分で建てる自然素材の家・健康で末永くお幸せに

2018年09月10日

美しい里山の景色をぬけて 葡萄の丘の家

20180206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家

昨年の12月。

秋から冬にかけ、風に舞う落ち葉が

本当に美しい里山を抜けると

葡萄畑の丘が連なります。

そんな自然豊かな場所に

自然素材のもくせい工舎のお家ができました。

ご紹介します。


20180206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家の外観
外壁は温かな優しい色合いの甘木土の漆喰壁。
瓦屋根は、栄四郎瓦(ProudUU40G)のライトレッド。近くで見ると赤煉瓦のような風合いです。
甘木土の色味と瓦で、甘すぎないけれどほんわかとした雰囲気のあるお家。
本物の漆喰だからこその、きどらない、ナチュラルな品の良さです。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家の玄関ホール
外から続く三和土風の土間が、タイルとは違う「土」を感じさせる素朴さ。
ガラスの照明器具が、ノスタルジックで、ちょこんと可愛いアクセントになってます。
それぞれのお家に合わせたシューズクローゼットは大工さんの作り付け。
帰る人、訪れる人を迎える、温かな優しい雰囲気となりました。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家のリビング
天井高の余裕と梁の効果で、ずっと広々感じるリビング。
内装も甘木土の漆喰。優しい色合いですが、甘すぎず、とても上品です。
大久保建具さんの引き戸のデザインがきらりと光ります。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家のキッチンと和室
キッチンはWOODONE製。無垢の木を使っているのでもくせい工舎のお家にもよく似合います。
お客様セレクトのピンクのステンドグラスが可愛いペンダントライト。
キッチン奥にはちょっと便利なミニパントリー。
棚もご要望に応じて、それぞれのお家ごとにつくり付けています。
和室は和紙畳なので、色あせも毛羽立ちもありません。
リビングとの境は、障子のように見えて、破れない不思議な建具です。
秘密基地のロフトが空間に期待以上の広がりを感じさせてくれます。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家の水回り
水回りは主にLIXILからお選びいただいています。
脱衣場の棚なども、ご要望に応じつくり付けています。
お手洗いの、明かり取りのすりガラスが良い雰囲気。光だけでなく空間にもずっと余裕を感じさせます。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家のお部屋
無垢の木に囲まれた森林浴効果抜群のお部屋たち。
作り付けの棚も一役かっています。
こんな部屋で休めたら、ぐっすり眠れそう。無垢の木には、そんな効果もあります。
明日も、素敵な一日を!



完成2017年12月上旬。宇佐市にて。


20181206_大分で建てる自然素材の家。葡萄の丘の家。木の家でお幸せに<br />
。

2018年09月01日

愛猫と暮らす♪どこか高原の風吹く家

20171106_web_愛猫と暮らす。どこか高原の風吹く家。


豊後高田市の通りから一歩入った高台に、もくせい工舎のお家ができました。

目の前に広がる畑と、柿の木畑。

緩やかにくねる道と、ススキの穂。

・・・どこかの高原?別荘地?

そんな恵まれた環境に

木と漆喰のお家が見えてきます。

ちょっとご紹介しますね。

20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。外観
白みの柔らかい日田土の漆喰壁に、マットブラウンの屋根瓦。
落ち着いた外観ながら、「ちょっと違う感」が出せるのは、本当の自然素材の賜物。味わいは自然素材「風」では出せません。


20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。玄関ホール
温かみのある三和土(たたき)風の土間が、無垢の木と漆喰の家によく合います。
ステンドグラスがポイントの建具も一軒一軒、手づくり。ボンドなどの化学薬品は使いません。
お客様セレクトの、ガラスの照明器具がおしゃれです。
漆喰のアーチの向こうは、作り付けのシューズクローゼット。ご要望に応じ大工さんが作ってくれます。


20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。リビング
勾配天井と梁でより広々感じるリビング。窓の向こうは青々とした景色が広がります。
キッチンにカウンターを兼ねた収納をつけることで、きちんと感もアップ。
漆喰と無垢の木の効果で、清々しく、温かみのある家族の場所が出来上がりました。


20171106_su_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。和室・キッチン・ロフト
和室には和紙畳。毛羽立ちも色あせもありません。
和室の上にはお子様たちの隠れ家「ロフト」。空間の「遊び」がゆとりを感じさせてくれます。
キッチンはWOODONE.無垢の木を使っているので、もくせい工舎の家にぴったりです。
奥には、うれしいパントリー!この「ちょっと置ける」空間が便利なのです。



20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。部屋
各部屋にもふんだんに無垢の木が。木から出るフィトンチッドは木材となっても効力を発揮。
こんなお部屋で過ごせば、一日の疲れもふ~っと、楽になりそうです。


完成2017年11月上旬。豊後高田市にて。

20171106_web_ab_obi_無垢の木と漆喰の家で末永くお幸せに

ページトップへ