2019年07月08日

海の見える丘 猫たちと(犬と)暮らす家

20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。

日出町の路地を一歩入ったところ。

遠くに別府湾を見渡せる高台に

もくせい工舎のお家ができました。


ちょっと表から入ったその通りは

車が一台やっと通れるくらいの道。

近くのお店に駐車場をお借りして

てくてく歩くのですが

遠く見える別府湾の海や、

それを見下ろす入り組んだ路地が、まるで尾道のよう(行ったことないけど)

こういった車がスピードを出せない場所は

猫たちにとっての楽園。


どこか空気も、のんびりしています。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。外観
外壁は、日田土の色味。本当に、日田の土からできています。
屋根はちょっと写真では見えにくいですが、ガルバリウム合板のグレー色です。
わんこを迎えて、快適に過ごせるよう、ウッドデッキは扉付き。
ご近所さんの屋根越しに、別府湾の広がるのんびりしたいい景色が広がっています。
なんと、花火大会の花火がお家から見えるとのこと!・・・それは、とっ~てもうらやましい‼


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。リビング
建具のステンドグラスと無垢の木に囲まれた玄関ホール。
三和土風の土間も、木の家に良く似合います。すっきりシンプルながら温かみのある空間です。
ご要望に応じ、自由に棚位置のレイアウトが組めるシューズクローゼットも。
建具にも、作り付けの棚も、ボンドなど化学薬品を使っていません。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。リビング
ロフトはありませんが、高い高い天井高と、明かり取りの窓。
梁との効果で、ぐっと開放的なリビングになりました。
猫さんたちが喜ぶステップも、無垢の木。お気に入りの場所でスヤスヤお昼寝。
大きなテレビを置いて、心置きなく映画鑑賞ができるスペースも。
木の家で、心地よくまったりと過ごす。幸せな時間、そして場所です。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。キッチン
袖壁も取っ払い、開放感いっぱいのキッチン。正々堂々。ごはんがグッと美味しく感じる気がします。
WOODONEのシステムキッチンで使い勝手も申し分ないうえ、
無垢の木を使っているので、木の家にもぴったりです。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。水回り
LIXILなど有名メーカーを中心に水回り製品をお選びいただいています。
トイレや脱衣場などの棚も、ご要望に応じたものをお作りしています。
蛇口周りが、ビチョビチョにならない洗面台や、すっきりお風呂の照明など、
使い勝手の良いものを、快適に。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。部屋
無垢の木からは、木材になった後もフィトンチッドという森の恵みがあります。
それだけでなく、一定でない木目にも、心地の良い揺らぎを感じ、ほっとします。
建具に触れるたび、その素直な木の手触りに癒されます。
クローゼットも今お使いの家具に合わせたり、ご自由にできます。
ちょっとした書斎にもなるスペースには、一枚板の贅沢な机。そして、窓から見える、海。
お仕事も、家事も、読書も。そして、そのかたわらに安心しきって眠る猫がいて。
どうか、心地よい家で、皆さんお幸せに。


20190616_web_日出町のもくせい工舎施工・無垢の木と漆喰でつくる自然素材の家。木の家で健やかにお幸せに

完成2019年06月中旬。日出町にて。

ページトップへ