愛猫と暮らす♪どこか高原の風吹く家

20171106_web_愛猫と暮らす。どこか高原の風吹く家。


豊後高田市の通りから一歩入った高台に、もくせい工舎のお家ができました。

目の前に広がる畑と、柿の木畑。

緩やかにくねる道と、ススキの穂。

・・・どこかの高原?別荘地?

そんな恵まれた環境に

木と漆喰のお家が見えてきます。

ちょっとご紹介しますね。

20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。外観
白みの柔らかい日田土の漆喰壁に、マットブラウンの屋根瓦。
落ち着いた外観ながら、「ちょっと違う感」が出せるのは、本当の自然素材の賜物。味わいは自然素材「風」では出せません。


20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。玄関ホール
温かみのある三和土(たたき)風の土間が、無垢の木と漆喰の家によく合います。
ステンドグラスがポイントの建具も一軒一軒、手づくり。ボンドなどの化学薬品は使いません。
お客様セレクトの、ガラスの照明器具がおしゃれです。
漆喰のアーチの向こうは、作り付けのシューズクローゼット。ご要望に応じ大工さんが作ってくれます。


20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。リビング
勾配天井と梁でより広々感じるリビング。窓の向こうは青々とした景色が広がります。
キッチンにカウンターを兼ねた収納をつけることで、きちんと感もアップ。
漆喰と無垢の木の効果で、清々しく、温かみのある家族の場所が出来上がりました。


20171106_su_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。和室・キッチン・ロフト
和室には和紙畳。毛羽立ちも色あせもありません。
和室の上にはお子様たちの隠れ家「ロフト」。空間の「遊び」がゆとりを感じさせてくれます。
キッチンはWOODONE.無垢の木を使っているので、もくせい工舎の家にぴったりです。
奥には、うれしいパントリー!この「ちょっと置ける」空間が便利なのです。



20171106_無垢の木と漆喰・大分の自然素材の家。部屋
各部屋にもふんだんに無垢の木が。木から出るフィトンチッドは木材となっても効力を発揮。
こんなお部屋で過ごせば、一日の疲れもふ~っと、楽になりそうです。


完成2017年11月上旬。豊後高田市にて。

20171106_web_ab_obi_無垢の木と漆喰の家で末永くお幸せに

ページトップへ