2007年05月24日

完成見学会開催

ワンランク上の家私たちが建てる家は「同じ予算ならワンランク上の家」です。総合住宅展示場に建っているハウスメーカーのモデルハウスは、坪100万円以上かけて建てられており、多くのお客様の家づくりの参考になるものではありません。

だからこそ当社では、実際に当社で建てていただいたお客様の新築住宅をお借りして、見学会を開催しているのです。

実際に人の住む家を見学することで、きっとあなたの家づくりは成功するでしょう!

完成見学会は家づくり勉強会です!

私たちの開催する見学会は家づくり勉強会
社長この見学会にご協力いただいたお客様も当社の見学会に来て、家づくりの勉強をして頂いた方です。ワンランク上の家を建てるためには、実際に人の住む家を見て勉強するべきなのです。

見学会に参加すると、図面だけではわからない間取りや照明のとり方、建材の質感や色など、具体的に知ることができるのです。

是非、一度私たちが心を込めて建てた家を見学に来てください。きっと、「この価格でこの家が建つの?!」と驚かれることでしょう。

見学会は参加自由。ご自由にご参加ください。

失敗しない土地探しのコツ!?

土地(地面)

いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?


もちろん、土地(地面)です。


良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。夢の一戸建ては、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの「人生と命を賭けて」というほどの買い物なんですね。
失敗は許されません!

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

N様邸(21年 8月施工)

もくせい工舎実績N様邸(21年08月施工)

【N様邸でのこだわりのポイント】

N様はご家族3名で、戦時中にお爺ちゃんが建てた別荘を住いとして手を入れながら暮らしてきた既存の家を壊して機能性のいい家を建てて欲しいというご要望でした。
これから先も大切にしたいお爺ちゃんの思い出や大量の書籍やお道具の収納を充実させ、快適な生活を送りたい。これらをもとにプランニングに入りました。


【プランニングでのポイント】
N様邸のご主人様は読書が趣味で静かな書斎を確保した住宅の設計をいたしました。奥様からは収納たっぷりのキッチンとリビングを広めにとのご希望がありましたので、日当たりと動線を意識した間取りと、奥様の身長にあわせた低めのキッチンを採用しました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
ご主人様は足を伸ばして入れるゆったりめお風呂を希望され、奥様は防犯性を高めて欲しいというご要望でした。お風呂は広めの1621タイプで浴室乾暖房燥機付きのタイプをお選びいただきました。防犯性を高めるためにはシャッター付きサッシを使い、小さな窓には全て面格子付きにしました。

【施主様の喜びの声】
N様のお喜びの声我が家の住いは、別荘として建てられたい家を住いとして手を入れながら暮らしてきましたので住みにくく、大量の書籍や茶道をしていた姑のお道具な捨てることのできないモノが沢山あり、とにかく収納を充実させ、住みやすい家を希望しました。
難しい問題がたくさんあり、困っていた時に、姉のアトリエを建てて下さったご縁でもくせい工舎さんに出会いました。納得いくまで長い時間をかけて家族とも話し合い、何度もプランを変更し色んな提案をしていただき、形にしていただきました。

木と漆喰、見えないところまで自然素材を使って、純和風を希望した私たちの想いを尊重し、和風モダンな家が建ちました。
玄関の上がりに畳を施し、全ての建具を無垢の木を使用して、隅々にいきとどいた気配りを感じています。木に囲まれ、ここちいい時間を過ごすことができ、もくせい工舎さんにお願いしまして、ハッキリ言って満足しています。

H様邸(21年 5月施工)

もくせい工舎実績H様邸(21年05月施工)

【H様邸でのこだわりのポイント】
H様からはご夫婦それぞれのプライバシー空間とお客様のおもてなし空間を独立したかたちでシンプルな間取りにしたいとの要望でした。

【プランニングでのポイント】
奥様のご希望プランをもとに生活動線、収納、通風、採光を満足いくようとことん話し合いながら納得のいくプランが出来ました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
お客様を快くお迎えしたいご意向でしたので専用のトイレ化粧スペースを設け、既存の開放感あるお庭をより有効に楽しくつかえるウッドデッキも設置しました。
ご夫妻がそれぞれ独立した空間を持ちつつ、リビングからそれぞれの居室へ移動できるよう動線を工夫しました。

【施主様の喜びの声】
H様のお喜びの声なかば決めていた工務店にすこし疑問をいだいていた時ちょうど、もくせい工舎さんの見学会を見にいきました。
何軒も見てきた家と比べると大幅に自然素材をたくさん使い価格も高くなく、後日、もっと詳しく内容と価格を聞き更に納得し、お願いする事にしました。
外から帰ると木の香と左官さんが一塗り一塗り鏝で塗ってくれた優しい壁、床の木の感触が心地よく迎えてくれ、「ホッ」とします。一番のお気に入りは、玄関のたたきと今までとは違う玄関のアプローチに驚きました。
大工さんたち職人さんを初め、もくせい工舎さんのスタッフには全員感謝です!

K様邸(21年01月施工)

もくせい工舎実績K様邸(21年01月施工)

【K様邸でのこだわりのポイント】
K様は、はじめはごく普通のローコストの住宅でいいとご希望され、たくさん見学会に参加するうちにだんだんと自然素材の住宅のよさを知り、価格が高く悩んでいました。
予算内で自然素材にこだわった快適な家をたてたいとご相談をいただきました。

【プランニングでのポイント】
子供さんが小学生2人なので過し易い子供室とアウトドアの好きなご夫婦がお家に居ながら子供達とアウトドア感覚を味わえるリビングとウッドデッキを取り入れた住宅の設計をいたしました。何よりこれから教育費がどんどんかかかるので、将来無理のないように、しっかりと資金計画を立ててからプランニングにはいりました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
奥様は対面式のキッチン、たっぷりの収納を希望されましたので、一段高くした和室の床や押入下にも無垢材を使用した収納スペースを設置しました。極力、無駄なスペースをなくし、広いリビングを確保する為、玄関からリビングへの動線と視線を考えスクリーンを配置しました。

【施主様の喜びの声】
K様のお喜びの声
もくせい工舎さんの構造見学会を見に行った時、家の構造を初めて知りました。
一般の家の断熱材と、もくせい工舎さんの使っている羊毛断熱材の違いや他にも色々とたくさんの自然素材がありました。もくせい工舎さんは自然素材にこだわりがあり、ご夫婦の人柄にひかれ建築をお願いしました。驚いたのは、全ての建具がオリジナルの無垢の木を膠で接着した集成材で職人さんが一つずつ手作りしていることでした。
出かけて帰ってくると木の香りがして幸せな気分になります。それに、雨の日でも床がサラサラで心地よくて、大満足です。

〔もくせい工舎の仲間〕木組みをする人 田中棟梁

もくせい工舎スタッフ田中棟梁
良いものを使って、良い家をつくる!
現場での家づくりに対する要望を率直に表現してくれ、良い家をつくるための努力を惜しまず、絶大な信頼をおける棟梁です。田中棟梁がいなければ、もくせい工舎が創る家は建ちません。

穏やかな面持ちで、納得がいくまで丁寧に黙々と仕事をする姿に頭が下がります。

〔もくせい工舎の仲間〕壁を創る人 原田おやかた

もくせい工舎スタッフ原田おやかた

もくせい工舎の建物にはなくてはならない、漆喰とリサイクルペーパーの壁。おやかたの感性と技術が建物に息吹を吹き込み色んな表情を醸しだします。


素材にこだわり、常に良いものを創るための努力を惜しみません。納得がいくまで追求し、こちらの提案をよりよいものにし、あぞび心を取り入れ、お住いになる方の雰囲気に合わせた素敵な壁と玄関のたたきを表現します。




原田左研のずば抜けたセンスの良さがすぐ分かるサイトはこちら!

壁を創る人たち【原田左研】

【泥の詩、土の夢】

【原田左研Facebbook】 

〔もくせい工舎スタッフ〕家づくりをサポートします 住宅ローンアドバイザー永家

もくせい工舎スタッフ永家
家づくりはプランやローンと選択をしなければならない事がたくさんありますが、お客様にとっては馴染みのないことばかりです。 そのような中、個々のお客様の生活スタイルにあった提案やアドバイスをさせて頂いています。
「建物」はもとより「生活」に重点をおき、安心できる提案を心がけています。いつでも遠慮なく、お声をおかけください。


もくせい工舎への資料請求・お問い合せ

資料請求・お問合せ

資料請求と弊社へのお問い合せは下記のフォームに入力をお願い致します。
資料請求の場合、下記フォームの要望事項に資料請求欄にチェックをお願い致します。


お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号  半角数字のみでご記入ください。
(”-”は入力しないで下さい。)
ご住所(必須)
メールアドレス
資料請求 資料請求する 
ご要望事項

個人情報の取り扱いについて

当社は、販売活動を通じて得たお客様の個人情報を最重要資産の一つとして認識すると共に、以下の方針に基づき個人情報の適切な取り扱いと保護に努めることを宣言いたします。

■個人情報保護に関する法令および規律の遵守
個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

■個人情報の取得
個人情報の取得に際しては、利用目的を明確化するよう努力し、適法かつ公正な手段により行います。

■個人情報の利用
取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

■個人情報の共同利用
個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、共同利用の相手方および第三者に対し、個人情報の適正な利用を実施するための監督を行います。

■個人情報の第三者提供
法令に定める場合、本サイトの運営委託会社を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。

■個人情報の管理
個人情報の正確性および最新性を保つよう努力し、適正な取り扱いと管理を実施するための体制を構築するとともに個人情報の紛失、改ざん、漏洩などを防止するため、必要かつ適正な情報セキュリティー対策を実施します。

■個人情報の開示・訂正・利用停止・消去
個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などの要求がある場合には、本人からの要求であることが確認できた場合に限り、法令に従って対応します。

■コンプライアンス・プログラムの策定
本個人情報保護方針を実行するため、コンプライアンス・プログラムを策定し、これを研修・教育を通じて社内に周知徹底させて実施するとともに、継続的な改善によって最良の状態を維持します。

2007年05月23日

Y様邸(大地に建つ自然の家)

もくせい工舎実績
Y様邸2002年9月


左 :2階…右側が下からの吹き抜けに
       配置した無垢の木で作った本棚

右上:玄関…まさやんの手作りの玄関ドア、 
        いかがですか?

右下:大地に建つ外観…大地にピッタリの
               広いデッキです

不動産の営業マンが教えない秘密の話?!

不動産の商売方法に秘密
良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。 

「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。 「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】 「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

いい物件は、なかなかオープンにならないとにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

ですから、いい情報は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客さんのために提案するということが難しいのです。 

また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 

そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。
私共は家を建てるプロ
もちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。

2007年05月21日

代表の思い

もくせい工舎 代表取締役社長 永家 正光こんにちは。
もくせい工舎 代表の永家(ながいえ=もちする)です。

父は、私が幼いころから、地元で大工をしていました。ですから、木で家をつくる姿が私には、いつもありました。父の背中を見ながら、木を使って色んな物を作るのが好きだった私は、17年前にリフォーム業を起業しました。

起業当初は、ただ一生懸命に、お客様のためにリフォームをしていました。しかし、クロスやサディングを使うことに違和感がありました。なぜなら、20数年前、木の家が欲しくて床も壁も無垢の木で一部漆喰の家を建てました。心地よさが当たり前の家で生活をする中で娘や妻が新しく作られた新建材を使った家や店舗に行くと、気分が悪くなったりアレルギー反応が出たりと、いかに自分の家が心地いい家なのかと思い知らされたのです。ですから、私独自の考え方で、木や塗り壁を使ってリフォームをしていました。そして、私が暮らしている心地いい家を提供したいという“想い”が強くなり、新築を手がけたいという想いが高まり、リフォームだけではなく、新築の家づくりにも携わっております。

木と土で創る家にこだわって、お客様が安心して笑顔で暮らせる家づくりを目指して、

 ・心と体が心地よく暮らせる家を提供するために、天然の素材にとことんこだわりたい。
 ・家は、お客様の人生と歩みますから、納得いくまで思いを話して欲しい。
 ・経済の流れがとても厳しい中、生活を考えトータルで家づくりをサポートしたい。
 ・小さな会社だと妥協せず、質の良いものを適正な価格で提供したい。
 ・職人が一棟一棟を丁寧に手がけた家を建ててあげたい。

               
私が家づくりに携わってから今日に至るまで変わらぬこの想いが、皆様とご縁を持ち、お話することができることを楽しみにしております。


もくせい工舎 代表取締役社長 永家正光

2007年05月20日

有限会社もくせい工舎 会社案内

有限会社もくせい工者の会社案内です。
社名有限会社もくせい工舎
連絡先     〒879-0462
住所:大分県宇佐市大字別府923番地の1
電話:0978-32-7892
FAX:0978-32-7990
設立 平成 4年10月 1日
代表取締役 永家正光
資本金 3,000,000円
業務内容 1.新築工事
2.増改築工事
3.外構工事
登録・許可 建設業許可番号:大分県知事許可 (般-27) 第11578号
第三者保証 ㈱日本住宅保証検査機構(JIO) 第A7001171号
取引銀行 大分銀行 ・ 大分みらい信用金庫
営業時間 9:00~20:00
定休日 水曜日

2007年05月19日

沿革

1992年10月
リフォーム事業開業


2001年10月
有限会社 もくせい工舎として新築事業に参入


2002年10月
第17回大分県豊の国木造建築賞で最優秀賞を受賞


2008年1月
オリジナルの自然素材住宅『木々ちいい家』を開発
現在に至る



ページトップへ