«  2012年02月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月28日

こんにちは! 代表の永家です。 

今日は午後からあいにくの雨。

現場では、屋根下地が午前中に何とか終わりほっとしました。

屋根の下地には防水材のルーフィングを敷き、

もくせい工舎では、更にサーモバリアと云う

純度99%のアルミ箔でできたシートを貼ります。

屋根工事


熱の伝わり方には伝導、対流、輻射の3種類があって

建材の断熱材は輻射熱は通してしまいます。

輻射熱は電磁波なのでアルミは通しません。 

そこで屋根全体にアルミ箔を貼ることで輻射熱をカットする事ができるのです。

 今の家はいいですね! うらやましい。

2012年02月26日

ここのところ、

ぐずついたお天気で、心配された上棟。


午前中は太陽が顔を覗かせ、午後からは曇りのお天気でしたが

骨組みができ、棟木を上げ、建物としての形態をとる最初の日。

無事、上棟を済ませることができました。

上棟

一軒の家が建ちあがるためには沢山の職人さんが携わります。

毎回のことですが、

作り手の顔がわかるように、お施主様と業者さんの顔合わせをしました。

お一人お一人仕事の内容とお名前を交わし、

お施主様が感謝の意をこめて、ご挨拶してくださいました。

上棟


上棟
そして

棟木に、ご家族の思いを書いていただき

棟木を上げ、いよいよ建て方の始まりです!


もくせい工舎と仲間たち、頑張ります p(^o^)q

2012年02月25日

突然決まった、東京出張!

日曜日に上棟を控えているため、父ちゃんが行けないので

従業員二人の会社では、残る私が行くしかなく(涙)

溜息をつきつつ、 

 (お っと溜息はついてはいけません!幸せが逃げていきます!)

  気をつけよう!


行って来ました\(^o^)/


フットワークよく、

最短の乗り継ぎで目的の地へは、余裕で到着!

理解力が乏しくなっている身には、とってもハードな研修・・・(-_-;)


それでも楽しむことは忘れません^^

千葉に住む旧知の友と2年ぶりの再会♪♪

つかの間のディナータイムを過ごし、楽しかった(^^♪


トータル10時間の中身の濃い~い研修を受け、

ボロボロの私の目に飛び込んだ、春の訪れ!

ひな祭り


とっても素敵な、お雛様!

ひな祭り

季節の移ろいを忘れてました(>_<)

2012年02月21日

基礎工事に入って上棟間近の現場。

日本住宅保証検査機構の配筋検査が終わったのに

足踏みしています(*_*;

基礎工事

ここのところの低温が影響し、生コンが打てない!

気温が低過ぎるとコンクリートとして固まる以前に

水だけが凍り、化学反応が起きずに

コンクリートとしての強度が落ちてしまいます。


ということは、躯体検査でコンクリートの強度を測りますので

検査に通りません。

強度の弱い家になってしますから・・・


毎日天気予報とにらめっこです。

「雪は降ってもいいけど日中の気温が5℃を下回らないこと」と父ちゃん。


そして、
昨日は久しぶりのお天気に恵まれ、布基礎が整いました。


基礎工事

日曜日には上棟にこぎつけそうです\(^o^)/


また、お天気が怪しくなってきた・・・(・・;


お天気には勝てないけど、

頑張るぞ!(^^)! もくせい工舎!


2012年02月20日

塗り壁の色や質感を確認する為に

お施主様ご家族と雪降る中、原田左研さんに行って来ました。


耶馬溪からの道のりは雪景色が綺麗でしたが

大石峠のトンネルを抜け田た途端

“トンネルを越えると雪国だった”のフレーズが浮かぶほどでした。

加え、反対車線は路面がシャーベット状態。

帰りのことを考え、先を急ぎ

早めの昼食は、日田焼きそば。  美味しかったw

その間も雪は止まず。。。

壁を創る人、原田おやかたは知る人ぞ知る方人物。

常に探求する心とチャレンジ精神旺盛な、とても素敵な左官さんです。


お施主様をお連れすると、必ず塗り壁のレクチャーをしてくださり

塗り壁を理解していただくことから始めます。

壁を創る人


そんな中
お子様達はロケットストーブ(原田作)に夢中!

ロケットストーブ

そして
親御様たちは、塗り壁に夢中!

傍で、お話を聞いていると

素敵なお家になりそうで、ワクワクします!


お施主様と職人さんたちを巻き込んで

もくせい工舎の楽しい“家づくり物語”が進んでいます^^

2012年02月15日

研修の為に福岡へ行って来ました^^

博多駅の近くだったので、交通手段はJRで。

03分の電車に乗るために柳ヶ浦駅へとまっしぐら!


駅手前の踏切の遮断機が無情にも降り(;´д`)

と、目の前を横切った“つばめ”。

ん? わたしの乗る電車???


うっそ~ 時間を間違えた(涙)


なんて、言ってられない!!

中津駅発30分発にチャレンジ!!

5分前に着ける!?

えっ? 駐車場が満車( ̄▽ ̄;;)

慌てて別の駐車場へ

で、1分前に窓口に到着\(^o^)/

が、・・・  乗れませんでした(涙)


博多行きに託つけて予定を二つ入れてしまった私。


一つ目の予定をクリアに向け、

小倉から新幹線利用をもくろむも

到着時間が大幅に変わるわけはなく

ジタバタしただけ f(^^;

今日はこんな日!

慌てない! 慌てない!

丁重に“遅れます”コール。。。

肝心な研修には、バッチリ間に合いました\(^o^)/


閉めは、息子とデート^^


帰りはジタバタすることなく・・・

の、はずだったのですが

電車に乗り込みホッとしたのも束の間

チケットがない・・・(・・;)

車掌さんに事情を話して証明書を作成していただきました。

と、別の車掌さんが「これですか?」

はい、私のチケットを拾ってくださってました。


はぁ
盛り沢山の出来事の詰まった一日で・し・た(T_T)


2012年02月12日

久しぶりに、日向が気持ち良いです^^

外の空気を吸って、太陽の光を浴びて(シミになる?)

てきぱきと家事が進み、

家中の窓を開け、お掃除完了!

お天気が良いと、犬も猫も嬉しそう\(^o^)/


Haluの散歩日和。

朝は、いつもより長めの散歩。

夕方は、チャリ散歩を済ませても

気持ちがいいので、近くまでリードを離して・・・


待って!

カメラ! カメラ!

ない!

スマートフォン! (((・ ・;)

ひぇー 使い方がわからん(>_<)
夕暮れ

Haluはじーっと待って、

撮れた(^^)v

夕陽

ぐずぐずしてる間に、沈んじゃった・・・太陽(^^ゞ


2012年02月07日

12月にお引渡しをしたお宅。

建築途中に、お風呂やサッシを見学に

LIXILの展示会に参加した折、

表札プレゼントの抽選に当選しました\(^o^)/


暖かい頃だったような気が・・・

完成の頃には頭から消えそうだったのですが

プチッ!とスイッチが入り

ようやくプレゼント品の授与にいたりましたm(__)m


取付は父ちゃんの仕事。

あれ?  この玄関の壁は土。

「ん~」と頭をひねりながら

作業場で何やら探していました。


手に持ってきたのは余った分厚い板。


嬉しそうに「面白いやろ?」


板と表札を手にお施主様のお家へ。

はい! 取り付け完了!

表札

娘曰く、「木の使い方だけはセンスがあるよね」

ま、今回は創ったほどではないけれど、

使い方は確かに。。。 

本人の言葉を借りると「木を見てると思いつくんよ」って(^^

2012年02月03日

日本各地、観測史上続出の寒波到来!

豊後高田市の現場前の光景です。

基礎工事

白いの何だと思います?

なんと!  川が凍っているんです!

ほぼ全面が・・・(T-T)

こんな光景をを見たのは、初めてです。


今回の寒波で工事ができず、現場はお休みでした。


材料が凍って仕事ができなくなる

遠く日田から来られる左官さんに、基礎工事やさん。

外での仕事は大変ですよね。


今日は、お天気になって現場が動いています。

基礎工事

それでも気温は低く、白い川に出会いました。

皆さん、本当にご苦労様です。m(__)m

Archives

Entries

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則SEO CMSのCMSデザインといったサイトを運営中です。
もくせい工舎

(有)もくせい工舎          代表取締役 永家 正光

昭和31年宇佐市生まれ

大工の父親の背を見ながら、木を使って色々な物を創るのが大好きな少年だった。

リフォーム業を起業後、新建材への違和感や、家族のアレルギー反応などから一念発起。

木と土で創る本物の自然素材住宅を、【より身近】に提供すべく研究・開発する。

妻と娘からは「他はともかく、木を使うセンスだけは抜群」と太鼓判を押される。

・・・だけ!?

木と家づくりが好きで好きでたまらない[まほろば]の住人。

[まほろば]…日本の古語。素晴らしい場所、住みやすい場所の意。もくせい工舎事務所は,鳥がさえずる森の中なので。

本物の自然素材の家づくりは気軽にご相談を

prof_相方

prof_ことりのかあさん